前へ
次へ

中国語の学習は現地での実践あるのみ

いくつもの漢字を覚えることで、中国語の読み方のパターンも予想ができます。もちろん、学習は難しさがあるもので、何事も必死になるしかありません。聞く・話すだけでなく、読み書きも学習には必要です。しかし、旅行したいから中国語を少しカジりたい人もいるでしょう。いわゆる『会話でよく使うフレーズ』です。これに関しては丸暗記で大丈夫だといいます。流れ、雰囲気で相手も察しがつくからです。そのまま覚えて、何度も発音を繰り返し、会話の時に自然に使ってみる、それだけなのに使えば使うだけ会話力が強くなります。会話の相づちに使う言葉は覚えやすさがあります。例えば、『ええと』『いいですね』などで、そこから飛躍して『いいですか』という表現が飛び交うかもしれません。中国語での教材にもあるのは、覚えておくと便利な表現です。例えば『~と思います』『~と思っていました』などですが、会話力は練習あるのみです。中国人留学生と交流したり、中華街のお店を利用してみたり、会話の練習にはもってこいです。

Page Top