前へ
次へ

地方では中国語が飛び交うから学習が必須

中国語を学習するビジネスマンが増えています。できるメリットがあるとすれば、コミュニケーションがよくなり、ビジネスに役立つからです。また、日本人が学習するように、中国人も日本語を勉強しているともいいますから、日本語が通じる相手でもあります。日系企業で中国に駐在していても、意外ですが日本語でしか仕事をしていない、という話しも耳にします。それでも距離を縮めるには打ってつけです。カタコトでも親しみを感じられる、そうした中国人もいらっしゃいます。流暢に話せる必要はありませんが、これは首都圏での話しになります。ちょっと地方に目を向ければ、中国語しか喋れない、相手をしてくれないこともあるようです。英語さえ通じないことも少なくありません。道を聞く、物を買う、そうした時にも不自由することになりますから、中国語を生涯学習に取り入れるのはおすすめです。都会でも、観光やビジネスで旅行するとして、中国語が必要なケースはまだまだ少なくありません。タクシーであったり、売店、大衆食堂などではまだまだ英語や日本語が通じないことが多い話しも耳にします。せめて、通訳者を同行させましょう。

Page Top