前へ
次へ

中国語の学習は自然体が一番

4つのイントネーションで中国語を理解するより、さらに2文字のパターンに区切り、16パターンで覚えることが推奨されています。日本語と類似する内容もあります。例えば、橋と箸、辞典と時点で、読みは同じなのにイントネーションで意味が違いますが、難しく感じないのは自然に耳から覚えているからです。中国人は2文字がお好き、そうした意見もあります。発音練習では一声から学習していきましょう。ファーストステップは、1文字目が一声、2文字も一声から成る単語の発音練習をしましょう。例えば、会社は中国語では『公司』と書き、ピンインローマ字で読むと『ゴンスー』です。次に1文字目が一声、2文字目が二声から成る単語へとステップアップしましょう。最終的には、1文字目が四声、2文字目も四声までをアプリケーションなどを用いり、耳から覚えてみましょう。読み方は漢字圏の日本人には馴染み深いもので、高度な内容の中国語の文章も読みやすさがあります。もちろん、全く別物という漢字もあります。しかし、学習は楽しさがありますから、中華街などは勉強に打ってつけです。

Page Top